海神様に誘われて

タイトルは海神様(わだつみさま)と読みます。豊かな自然がいっぱいの和歌山の海に誘われたセイウンの釣行記(釣考記)です。 釣りの話以外にも私が愛するベトナムのお話なども行います。

7月25日(日)釣行記 潮岬沖

こんにちは!
実は前日にたーくんから連絡があり、潮岬沖でビンタ(キハダマグロの幼魚)が釣れてるで!
と教えてくれました。
私としても、今年の夏の目標はキハダなので、願ってもみないチャンスということで、潮岬沖に予定を変更しました。
当日、たーくんは用事で来られないとのことで、よっちゃんと2人で潮岬沖を調査することになりました。

なかなかの大うねり・・・

うねりの激しい串本地区、潮岬沖はもちろん大うねりでした。
しかし、前日にaoriさんから追いアネロンという禁断の秘技を教えてもらっていたので、それを実践すると、何と全く酔いません。
潮岬沖で釣り開始しますが、よっちゃんが早速大きくないサバやトビウオ、グルクンをかけます。
しかしながら私には何にもかかりません。
同じように流しているのですが、なぜか私にだけ食いません。
伝説のいじめでしょうか!?
それとも魚に嫌われているのでしょうか!?

ナブラは・・・

昨日も出ていたというナブラ、しかし当日は安らかなものです。
何一つナブラなんか出ません。
ほかの船の無線も「あかなー」「サバばっかよ」とか飛び交っています。
これではまずいとおもったよっちゃんは、私が例によって天秤フカセの仕掛けを持ってきていることに目をつけ、大きく移動します。
次に行ったのは電車というポイントです。
何と海の底に漁礁代わりに電車があるそうなのです。
ここにシマアジなどがつくそうで、もう少し秋口になるとシマアジが釣れるとかなんとか・・・。
しかしここでもセイウンはメイチを1匹釣るのに精いっぱい。
何でしょうね、食いが渋すぎます。
結局一の島とドウネの間のポイントや、ドウネの沖なども行きますが、なんもない。
最終的にフカセをやってたポイントで天秤してみると・・・
ぐんぐんとアタリがきて、巻き上げてみると・・・
30センチくらいのグルクンでした。
グルクンは大変美味しいらしく、よっちゃんがその場で頭と内臓をとってくれました。
グルクンを2匹追加しますが、不毛な時間が流れます。
途中で二度ラケットをかけますが。抜き上げ時にいずれも切れました。
まあキロありますからね・・・4号では抜き上げれないでしょう。

仕掛けがなくなった・・・

持ってきた仕掛けが底をついたので、完全フカセにもどります。
しかし、この日は本当に完全フカセ食いません。
よっちゃんもやってますが食いません。
納竿間際にようやくアタリが出て、合わせると、一気に海面に浮上しジャンプ。
そうトビウオです。
トビウオは美味しいのでもちろんキープします。
納竿ごろには潮の加減も相まって、超大うねりに、他船のお客様は何人も海に撒き餌されていました。
撒き餌されていない方も顔が真っ白で横になっている方もたくさんおられました。
それだけうねりのある潮岬沖は強烈ということです。
最後まで全く気分悪くならずに終えられたのは、アネロンとよっちゃんの操船のおかげですね!
潮岬沖は上瀬と違い、外道が極端に少ないです。
ですので、本命が釣れないときは、この日のようにお土産がかなり少なくなってしまうことも多いようです。
行かないと釣れない本命!
次回こそ!!

<当日の釣果>
グルクン(タカサゴ) 30センチ 2匹
トビウオ       35センチ 1匹
メイチダイ      30センチ 1匹

f:id:seiun_k:20210726132320j:plain
グルクンは脂がのっていて本当に美味しかったですよ!

天秤フカセ釣り
竿:シマノ ライトゲームSS タイプ64 MH195(右)
リール:シマノ バルケッタSC800
ライン:よつあみ PE3号
天秤:ヤマシタ K型天秤
クッション:ヤマシタ 3ミリ50センチ
ハリス:シーガー シーガーグランドマックスFX4号 6メートル
針:名刀針 伊勢尼9号(赤) 3本針

完全フカセ釣り
竿:シマノ ライトゲームSS モデラート タイプ73 255H
リール:シマノ 海魂3000T
ライン:サンライン 完全フカセ用7号200メートル
針:名刀針 マダイ針10号

7月23日(金)釣行記 埴田漁港、有田川河口、初島漁港ほか

こんにちは!
今日は昨日の釣りの模様をお届けします!

前日まで迷った判断・・・

台風のうねりが和歌山北部まで届いているのは知っていましたが、何とかなる釣りを2つピックアップして前日まで悩んでいました。
1つはうねりによる潮の濁りを想定し、大アジ釣りをするということ。
私のホームグラウンドの某波止では朝3時から夜明けまでで35センチまでのアジがクーラー満タンになることもあるとこっそり聞いていました。
久しぶりにカゴも投げたかったのですが、4連休の中日ということを考慮し、万一ソーシャルディスタンスが確保できないような状況になると嫌だったので(ハイシーズンは竿が当たるような位置になることも多い)悩んでいました。
もう1つは、キス釣り。
濁りが入るとよくないですが、河口域なら最近雨がなかったし、ワンチャンあると考え、候補に入れました。
前述の理由から、結局は後者を選んだわけですが・・・。

まずは有田川の河口で・・・

私のキスのホームグラウンドの有田川河口でキスを狙います。
少し濁っているような気もしますが、まだ暗くよく見えません。
夜が明け、全体が見えると、まあまあ濁っています。
時折、うねりで大きな波も来ます。
うねると底がかき回されて、さらに濁ります。
お世辞にもよい状況とは言えません。
とりあえずプルプルを1ゲットして早々に見切ります。

f:id:seiun_k:20210724151304j:plain
有田川河口です

漁港内の方がいいのか・・・?

ということで、砂地がある初島漁港で2か所目行いますが、濁りはないのですが、ヨットハーバー建設による地形変化で、昔食ってきたポイントでも全く反応がありません。
何とか粘ってこちらも1プルプルゲットしますが、未だ2匹ともピンキスで萎えぽよです。
ここも早々に見切りをつけて、大きく移動を決断します。

1時間以上かけて

連休の中日ということを忘れて南下しますと、見事に渋滞・・・。
移動に1時間半もかかって着いたのは、みなべ町の埴田漁港。
埴田漁港といえば鹿島丸の漁港です。
船頭がちょうど見回りに行くところだったらしく、手を振ると、えっみたいな顔をされ(笑)、笑顔で手を振りかえしてくれました。
ここも海の色はカフェオレで、とてもじゃないけどよい状況とは言えません。
微妙にポイントを変えながら、狙っていると・・・。
ジャンボ特有のはじけ飛ぶようなアタリが出て、合わせると、肘タタキどころか、肩まで響くくらい引きます。
巻いてきてびっくり20センチオーバーのジャンボでした!(後日公開のYouTubeにはヒットシーンもきちんと映っています。)
ただ、サイズ感が、最近小物を釣っていなかったこともありバグっていました。
20センチどころか、25センチオーバーだったのです。(帰って測ってびっくり・・・)

その後もランガンを続けますが・・・

その後アタリがなくなり、森の鼻、一本松漁港、みなべ海岸と行きますが、うねりに伴う流れ藻がひどすぎて釣りになりません。
途中で鹿島丸の船頭から連絡があり、「どこにいてんの?ジュース差し入れ持ってきたのに!」と申し訳ない限り・・・。
ちょうどランガンしててすでに遠くでした><
必ずまた近々寄ります。
そして早く帰らなければ大渋滞に巻き込まれる時間だったので、納竿としました。

<当日の釣果>
シロギス    13~25センチ 3匹

f:id:seiun_k:20210724151837j:plain
こうやって見ると25センチのキスはでかい!

ちょい投げ釣り
竿:ガンクラフト バイオレンスジャーク 8.2ft
リール:ダイワ エメラルダスコロッサル 2508RH
ライン:よつあみ GESO-X WX8
仕掛け:投げ用仕掛けいろいろにケイムラビーズをセットしました。

メイチのカルキ臭について

先日私の記事でも紹介した、メイチダイのカルキ臭に関する件ですが…

先日の記事はこちらから↓

seiun-k.hatenablog.com

実は、津本式のパイオニア、津本光弘さんのYouTubeでも先日取り上げられました。


www.youtube.com

やはり、カルキ臭のする個体はごめんなさいするしかないということ、またカルキ臭のする個体はお腹を開けるまで分からないということでした。

これから旬を迎え、絶賛美味しくなるメイチダイ、せっかくなら美味しく食べたいですよね!

メイチダイ以外には、アマダイやキスも同様のことがあるようです。

皆様もこれらの魚を釣った際は、気を付けてください!

 

 

5-Star COVID-19 Airline Safety Rating

イギリスのスカイトラックス社がCOVID-19 Airline Safety Ratingを発表しました。
最高は☆5つで、全部で9社しかありません。
我らが日本の
全日空
日本航空
はもちろん☆5つです!
そして私の大好きなベトナム航空も☆5つです。
その他の航空会社は
エア・バルティック(ラトビア
エア・アスタナ(カザフスタン
フィジー・エアウェイズ(フィジー
ガルーダ・インドネシア航空インドネシア
大韓航空(韓国)
オマーン・エアー(オマーン
カタール・エアーウェイズ(カタール
と2社を除いてほとんどがアジアの航空会社となっています。
因みに☆4はエアーフランスや、ブリティッシュ・エアーウェイズをはじめとした15社、☆3はアラビア航空や、エジプト航空など7社しかありませんので、ほとんどは☆なしといえます。
コロナウイルスがまだまだ終息しない状況ですので、航空会社における防疫はますます必要不可欠になってきますね!

最後のストックの動画アップしました!

YouTubeアップウィーク、何とか連休前に間に合いました。
ゴールデンタイムにアップした方が多くの人に見て頂けるそうなので、次回から予約して、19時に公開されるようにしたいと思います。
今回の動画は先日の7月11日の分です。
週末ごとの荒天が6月から続き、かなりあったストックもあっという間になくなってしまいました。
早く次の釣りに行ってストックしないといけませんね!
なお、本日更新したYouTubeはこちらです!

www.youtube.com
チャンネル登録、高評価よろしくお願いいたします!!

沖の島 金子渡船 磯割表 2021年8月分

少し早いですが、8月の金子渡船の磯割を載せておこうと思います。

f:id:seiun_k:20210717143916j:plain
8月の磯割です!

私もどこかのタイミングで訪れられたらと思っています。
エサ取りが増えまくっているのと、暑いということで、お客様は昼釣りではこの時期かなり少なく、出船しない日もあるかもしれません。
今はルアーやスルルー、底物がメインになるかと思います。
キビナゴは四万十の中村フィッシングさんで売っています。
詳しくは
金子渡船 0880-69-1055 まで
私のサイトを見たと伝えて頂ければスムースかと思います。
f:id:seiun_k:20210717144438j:plain

またまたYouTubeアップしました!!

明日は台風のうねりで波が高く南の方は釣りができません。
もうすぐ連休ですし、ゆっくりとご覧いただけるチャンスかと思い、急ピッチでアップロードさせていただきました。
動画は@1本ストックがありますので、それは連休前にでもアップさせていただきます。
どうか釣りに行けない日や、連休中はゆっくりと海神様に誘われてのYouTubeをご覧いただけますと幸いです。
チャンネル登録、高評価よろしくお願いいたします。

↓最新の動画↓

www.youtube.com

↓最近更新したもの↓

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

本日もYouTube更新しました!

先日の6月2日に浦見湾に行ったカセ釣りの模様を公開しています!
チャンネル登録、高評価、よろしくお願いいたします!!

www.youtube.com

YouTube更新しました!

昨年末の出雲沖でのカセ釣りの模様を上げ忘れていましたので、アップしました!
そこまで長くはないので、暇なときにでも是非ともご覧ください。
チャンネル登録、高評価よろしくお願いいたします!!

www.youtube.com

7月11日(日)釣行記 古座沖 上瀬→串本大島沖

こんにちは!
およそ1か月ぶりの釣行です!
1か月経っても本ガツオは未だオキアミにつかず、全く釣れてくれません。
前日には、お土産のイサギやグレもぼろぼろだったそうで。。。
原因は潮の流れにある!
と考えた私は、普段は船釣りに持って行かない天秤フカセや胴付きの準備もして、釣りに臨みました。

今回は3名で挑む!

私のチームメイトでおなじみのお調子者のKMMR君と、先日船釣りデビューしたYMSK君の2人を引き連れ出雲港に!
4時前に今年絶好調のaoriさんたちも港にこられました。
よっちゃんの船に6名、たーくんの船に3名の総勢9名で上瀬に向かいます。
私たちはたーくんの船で、私はミヨシ側、二人はトモ側で釣りを行います。
前回と大きく違うのは、サバがいないこと。
実は先日行った次の日からほぼサバは釣れなくなったそうです。
となるとお土産が少ないのは確定的、何としてもお土産を確保する必要があります。
完全フカセでまずはYMSK君がイサギを幸先よく2匹釣りあげます。
この時点で私とKMMR君はボウズです。
しかし私はイサギがそこまで食っていないのは、潮が走っていないからだと判断し、胴付き仕掛けにサバの切り身をつけて、アカハタを狙います。
すると、、、
30センチオーバーの良型アカハタが顔を見せます。
とりあえずボウズがなくなりテンションが上がります。
しかしここで驚愕の情報が、、、
よっちゃん船が大量のマダイとオオモンハタを釣りあげていると、、、
私たちもその情報でそちらに向かいますが、時すでに遅し、、、

ここまでは終われない

私はこの遅い潮の流れが原因だと踏み、胴付き仕掛けを天秤フカセ仕掛けに変更、イサギを重点的に狙い撃ちしていきます。
完全フカセの方で何とか先にイサギを2枚(うち1枚は40センチオーバーのジャンボ)ゲットし、意地を見せます。
そして天秤フカセにアタリが出ます。
なぜかめちゃくちゃ引きます。
あげてくると・・・。
1、2、3・・・・
3連の良型イサギでした。
やはり潮が走ってない分、天秤に分がありました。
その後も1枚追加し・・・。
何とかイサギ6枚になります。
そして別ポイントで、、、
今日1のアタリが出ます。
天秤の竿がバットからぶち曲がり、引きは弱くなったものの、重さは感じます。
すると、、、ぼこっ
40アップのオオモンハタでした。
これでオオモンハタは通算何匹になったでしょうか・・・。
本当に上瀬~串本大島~出雲エリアはオオモンハタが多いです。

何とか形になってきたが、、、坊ちゃんたちが。。。

私はお陰様で形になってきましたが、坊ちゃんたち2名が苦戦しています。
YMSK君は依然イサギ2枚、KMMR君に至っては何とボウズです。
それを見かねたたーくんがポイント移動してくれ、YMSK君はそこでたーくんの竿を借り、私が釣ったイトフエフキの切り身でアカハタ釣りを行います。
するとYMSK君はそこでアカハタ3匹、私も今日1のアカハタ1匹追加します。
ボウズにあえいでいた、KMMR君にも会心のアタリがあり、何と40センチアップの口太グレを釣りました。
私も完全フカセでラインが走り、40センチ近い尾長グレがヒットします。
その後は、みんな完全に沈黙し、たーくんと私の相談の結果、サバをお土産にするために浦見湾に行くことにしました。
最初いつものポイントでどてら流しをしましたが、アタリがないので、イサギポイントに移動し、狙うと、、、
見事に3人とも1本ずつサバをあげました。
私はそこでも天秤で良型イサギを追加します。
そして、帰港。。。

港の上で愕然

よっちゃん船はマダイ乱舞だったらしく6人で9枚のマダイと、4匹のオオモンハタでした。
こっちは、、、、貧果。。。。
YMSK君がイサギ2匹、サバ1匹、アカハタ3匹、KMMR君が口太グレ1匹、サバ1匹。。。
完全フカセって潮が走らないとなかなか厳しい釣りになります。
よっちゃん船は釣り始める前に潮がとろいことを確認したので、マダイに狙いを絞ってポイント選定した結果だそうです。
潮が走らないことも想定して、代替策もきちんととっておかないといけませんね。
aoriさんは素晴らしい釣果だったみたいですよ!
是非ともaoriさんのブログをご覧ください!

<当日の釣果>
イサギ    36~40センチ 7匹
尾長グレ   39センチ    1匹
アカハタ   31~34センチ 2匹
オオモンハタ 42センチ    1匹
ゴマサバ   42センチ    1匹
今回も五目達成です!!

f:id:seiun_k:20210712174158j:plain
家に帰るまでにいろんな人にもらってもらい、気が付けばこれだけに!

完全フカセ釣り
竿:シマノ ライトゲームSS タイプ73 225MH(右)
リール:ダイワ タナセンサー300
ライン:サンライン 完全フカセ用4号200メートル
針:名刀針 マダイ針10号

天秤フカセ釣り、胴付き仕掛け
竿:シマノ ライトゲームSS タイプ64 MH195(右)
リール:シマノ バルケッタSC800
ライン:よつあみ PE3号
天秤:ヤマシタ K型天秤
クッション:ヤマシタ 3ミリ50センチ
ハリス:シーガー シーガーグランドマックスFX4号 6メートル
針:名刀針 伊勢尼9号(赤) 3本針