海神様に誘われて

タイトルは海神様(わだつみさま)と読みます。豊かな自然がいっぱいの和歌山の海に誘われたセイウンの釣行記(釣考記)です。 釣りの話以外にも私が愛するベトナムのお話なども行います。

11月17日(日)釣行記 みなべ沖磯ハテ

皆さん寒暖の差が激しい今日この頃、体調を崩したりされていませんか?

さて、今回はみなべの沖磯、ハテに渡礁して参りました。ハテはひと月前に大漁だった縁起のいい磯ですが今回はどうだったのでしょうか。なお、ひと月前の大漁劇は下記よりバックナンバーがご覧になれます。

seiun-k.hatenablog.com

今回の対象魚はイサギやグレ。シマアジもあればラッキーだけど、とりあえず釣って美味しいイサギメインでいってみることにします。

渡礁してしばらくすると周りが完全に見えるようになってきます。ところが、周りが見えるようになって海を見てみると、潮がきれいで、穏やかすぎる…。少しどころか嫌な予感しかしません。その嫌な予感を払拭すべく仕掛けを投入しまくりますが、、、

続きを読む

厳しい釣り

朝夕がとても寒くなってきました。特に朝方の磯はめちゃくちゃ寒いです。防寒着着込んでみなさんも釣りしてくださいね!(昼間はめちゃくちゃ暑いです(笑))
さて、今日の釣りはどうだったかと申し上げますと、昨日までよくても今日はダメそんな日ってありますよね。すべての磯でため息が聞こえるようなそんな釣りでした。しかしながらそんな日でも釣れるかどうかで帰り道の気分が断然変わります。
釣行記はまた追々更新します。

釣行準備 2019年11月16日(土)

今回も前回同様4本針仕掛けで挑みます。

今回はみなべのあの島に乗ることになったので、イサギが中心になると考えています。イサギは緑と白のウイリーに実績があるので、前回のシマアジのときとは少し変わって、緑、白、カラ、カラの4本針を2セット用意しました。みなべもまだシマアジが釣れているようですので、青、白、カラ、カラの4本針も2セット用意しました。

f:id:seiun_k:20191116141654j:plain

色とりどりのウイリーです。ここ数日晴れていましたから、おそらくこのカラーで当たると思うのですが…。

欲を言えば潮が濁ってほしいです。このカラーのウイリーは澄み潮用です。潮が濁ればウイリーなしでもバンバンかかってきますが、澄み潮だと1匹釣るのにヒィヒィ言わなくてはなりませんので少しでも確率を上げなくてはなりません。そのためのウイリー仕掛けです。無事に釣果を上げることができるのでしょうか…。セイウンは前回の反省を活かして、今回きちんと予備竿を持ってきました。これで不意に竿が折れても大丈夫ですね!頑張ります!ではまた!!

釣果情報 2019年11月15日(金)分

青岸~紀ノ川河口 タチウオが激熱!F3前後~最大F7まで釣れています。また、大型サワラやブリなどの回遊も見られます。平日、土日に関わらず人は多いです。また飛ばしサビキで中アジもあります。おそらく一番和歌山市ではここら一帯が熱いかも。紀ノ川河口ではマゴチが熱いです。先日釣り初心者が55センチのマゴチを釣って帰ってきました。それくらい熱いです。ここはポイントが広いので、混む心配はありません。

続きを読む

ホイアン

久しぶりにベトナムの話題でも書きます。

ダナンの街からタクシーでおよそ30~40分のところに世界遺産ホイアンの街はあります。ダナンの街からタクシーで行く場合の方法としては、「メーターで普通に行く方法」「1wayチャーター(行きのみチャーター)で行く方法」「2wayチャーター(往復チャーター)で行く方法」があります。基本的に私はチャーターをおすすめしています。理由は簡単でメーターで行くより安いからです。では「1way」「2way」どちらを選ぶのがいいのでしょうか?一見すると2wayがいいように思います。うろ覚えですが金額的に5人乗りタクシーで600,000VNDくらいだったように思います。1wayですと400,000VNDです。(ダナン市内のホテルからの相場です。)ただし、2wayでは行き帰りの時間を含めて4時間という制約があります。ですので、実質3時間が現地に滞在できる時間となります。

続きを読む

週末の釣行計画!2019年11月13日

こんにちは、だんだん朝夕が寒くなってきましたが、皆さん体調はいかがですか?
さて、水曜日になりました。また、週末の釣行計画を立てなくてはいけません。
今月釣りに行けるのは、次の日曜日が最後になりそうです。折角ですので、カゴ釣りで11月は貫き通したいと思います。
となるとターゲットになってくるのは、この季節ですとシマアジ、イサギ、グレあたりでしょうか?
そろそろグレの季節でもありますし、今年はまだカゴ釣りで口太グレ(尾長は釣った)を釣っていないので(多分)、今回はグレ狙いでいってみたいと思います。
グレですと、前にも書きましたが中紀以南であれば上向いてきていますので、正直どこでもいいかなといったところです。
ただ、行きなれたところの方が仕掛けをロストしたりという確率も下がるので、あまり南下せずに行けるみなべ~田辺あたりにしようかと思います。
前回の釣行ではウイリーがよかったですが(以下の釣行記参照)
seiun-k.hatenablog.com
ウイリーを扱う者として、今回もウイリーに固執してグレを狙ってみます。(ツバス多いとやめますが)
ウイリーの話はまた、週末にでもしようと思っています。なかなかウイリーの世界は奥深いですよ!

シマアジ料理

先日釣ったシマアジ(コセ)の料理になります。

シマアジは30センチ前後でも非常に美味しいです。

さばき方ですが、私はシマアジを刺身にするときは、写真のようにさばいています。

続きを読む

11月10日(日)釣行記 田子沖磯

こんにちは、前回お話していたシマアジアイランドについての釣行記になります。

なお、釣行計画と準備に関しては過去ログを参照ください。

seiun-k.hatenablog.com

seiun-k.hatenablog.com

 今回は結局串本の田子の沖磯に行くことにしました。田子の沖磯では毎年10月くらいから12月までシマアジが大量発生し、大体の磯で釣れます。私は昨年からここに行くことを目論んでいましたが、行ったこともなく、また、全磯完全先着予約制のため、すぐにグレが釣れだしたら埋まってしまう状況ではありました。今回たまたま予約が取れたので、行ってみることにしたわけです。

出船時刻は午前6時過ぎ、磯に着いて釣り始められたのは6時30分前後だったでしょうか。前日作っておいた4本針の仕掛けを20メートルくらい投げます。私は基本的にシマアジやグレを狙うときは、ポイントを遠くしたくないので、できる限り近投します。それでも無理なら投げる距離を増やしていきますが…。事前に船頭さんに地形を聞いていましたので、15メートルラインの落ち込みの少し沖側を攻める感じでいきたいわけです。それを考えると根がかりのリスクがある18メートルくらいまでは避けて、20メートルラインで魚をかけて、一気に落ち込みの壁に引っかからないように巻いてくるというイメージになるわけです。

続きを読む

釣りのさなかの悲報

いつものようにカゴ釣りをしていたら、さ、竿が折れました。なんと巨大なカニがラインをがっしり掴んでいたらしく、キャスト前に仕掛けを前に出そうとしたらカニが動かず竿に多大な負荷がかかり、ポキッと‥しかもこういうときに限りカゴ用の予備の竿を持ってきていないという‥
フカセロッドならある‥ウキもある‥ガン玉はない‥よーしガン玉なしでフカセだ!f:id:seiun_k:20191110131456j:plain
しかし天気いいですねえ‥潮も澄みきってるし(あかんやつです)
f:id:seiun_k:20191110131809j:plain
このグズグズの釣行記は後日更新します!

釣行準備 2019年11月9日(土)

明日のシマアジ釣りに備えて、仕掛けを作りました。

シマアジを専門的に狙いますので、ウイリーと空針をミックスさせた4本針で挑みます。風が強かったり、潮の流れが速すぎたりすると4本針は命取りになりますが、風も止んでいくようですので、確率のより高い4本針にしました。もちろん釣り場で仕掛けを作るのもいいですが、折角の時合を逃したくありませんので、4本針をたくさん作っていくこととします。

以前は段ボールに仕掛けを巻き付けて使っていましたが、段ボールに巻き付けるとどうしてもハリスの巻き癖がついてしまい、糸がらみや、潮受けの悪さにつながったりします。ですので、今回は第一精工のスプールシートを使っています。スプールシートは本線を外側に、枝針を内側にすることで絡むことなくそのまま使用することができます。

もし、釣りの最中に糸がらみが生じたら、思い切って今ある仕掛けは諦め、新しい仕掛けと交換します。(時合を逃さないようにするためには、1つの仕掛けに固執していてはいけません。)

続きを読む

紀南方面はうねりが出ています。

tenki.jp

世界最強クラス台風23号(ハーロン)の影響(かなり離れていますが)で、串本~白浜のあたりまでうねりが入っています。なおこの23号は気象庁発表で905hPaまで下がったそうですが、別の機関が発表したものでは893hPaまで下がっていたとの話もあります。幸い日本から遠く離れていく予報ですので、うねり以外で影響はなさそうです。ちなみにハーロンはベトナムの北部の世界遺産ハロン湾から名前がとられています。私は中部のフエ、ダナン、ホイアン、そして南部のホーチミンシティにしか行ったことがありませんので、いつかは見てみたい場所であります。

明日は北西の風が強くなる予報が出ています。また、台風からのうねりもまだ残っているようですので、紀南地方は釣りが出来る場所が限定されると思います。なお、風は日曜日にかけて北東に変わっていくと予想されます。そうなると西側は釣りがしやすくなっていくものと思われます。

週末のよい釣りをお楽しみくださいね!私も日曜日の釣行を楽しみにしています。

カゴのタックルについて

私は釣りに行く場所によって竿の太さ、リール、道糸を変えています。

例えば紀北地方でトツカアジやグレ、サンバソウを狙う場合は、1.2号の磯竿に2500番のスピニングリール、道糸はナイロン3号を使用しますが、紀南地方の磯や伝馬船のカゴ釣りをする場合は、3号の磯竿に3000番のレバー付きスピニングリール、道糸は4号を使用します。

もともと私は紀南地方でも3000番のスピニングリールを使用していました。ところが釣り方によっては、2号やそれ以下のハリスを使用するため、ドラグが回転する前に仕掛けが切られてしまうようなことも多々ありました。私は基本的に多針仕掛けを使用します。最低2本針で、MAXは4本針のカゴ釣りを行います。一番下の針が切られたのであれば、それほど苦労はしませんが、枝針が切られると、仕掛けを組みなおすのにも時間がかかってしまい、最悪時合を逃すことにもつながりかねません。

では、1本針にすればいいやん?という話にたどり着きますが、私の経験上やはり数を釣るとなると1本針より2本針、2本針より3本針と確率が全然違うように思います。もちろん1本針で手返しを早くするということも重要です、しかし、多針であればタナの推測もできるというメリットがありますし、1匹ヒットするとすべての針に何かかかるということも想定されます。

だからこそレバーブレーキは重要です。一瞬の突っ込みを見せる魚に切られるときは大抵ドラグが回転する前にやられています。その最初の突っ込みさえかわせればキャッチできることが多いのです。

まだレバーブレーキのカゴ釣りはそこまでやっている人が多いわけではありません。もしかするとレバーブレーキのリールが他のスピニングに比べて高かったからかもしれません。ところが、今年daiwaからシグナスというベーシックモデルが発売されました。価格も一番安かったトライソの半分くらいですので、是非ともレバーブレーキを使ったカゴ釣りにチャレンジしてみてくださいね!

 

週末の釣行計画!2019年11月6日

次の週末はどこにしようか、今回もいろんな場所に胸が躍ります。

私は友人が和歌山からほとんど出て行ってしまい、和歌山にいる友人もサービス業で日曜日が出勤だったりで、なかなか2人以上で釣行できる機会がありません。

1人での釣行は、荷物の上げ下ろしが苦しいですが、それ以外は気を遣うこともなく気軽にできるのがいいかもしれません。

さて、今回のターゲットはまたしてもシマアジにするつもりです。というのは、先日行ったみなべの沖磯でまさかの限りなくボウズに近い結果に終わってしまったからです。沖磯で釣れる30センチ前後のシマアジは脂の乗りが素晴らしく、本当に美味しいです。

では、気持ち悪くなるくらい食べるためには、釣れている、もしくは釣れそうな場所に行くしかありません。私は基本的に無用な争いは好まないので、船頭のお任せでいいところに乗せてくれる渡船屋さんか予約で好きなところに乗せてくれる渡船屋さんにしか行きません。で、今まで1人だけで行ったことがある渡船屋さんが、

 

・鹿島丸渡船(みなべ)

・なぎ丸渡船(湯浅)

・谷口渡船(串本出雲)

・しょらさん渡船(串本須江)

 

誰かと行ったことがある渡船屋さんが、

 

・白井渡船(田杭)

・林渡船(見老津

・永田渡船(串本樫野)

・広浦渡船(串本樫野)

・山西渡船(周参見

 

うん、レパートリーが少ない、、、

 

よーし開拓だ!ということで、

シマアジが釣れそうな行ったことのない渡船屋さんに行くことにします。

今回はシマアジを完全メイン外道はいらん!)に据えるため、セイウンの超必殺カゴ仕掛けで挑みたいと思います。

果たして、気持ち悪くなるくらいシマアジが釣れるのでしょうか!?

乞うご期待!!(釣れなかったらなかったことにしようかな…笑)

11月4日(月)釣行記 みなべ沖磯ハテのハナレ、コミドリ

みなさんこんにちは。11月になってしまいましたね。ぼちぼち気温も下がってきて、朝夕はとても寒い日が続いています。

さて、去る11月4日にシマアジ狙いでまたもやみなべの沖磯に行ってきました。

事前に船頭に狙いを伝えていたので、前々回いい目を見たハテの隣のハテのハナレへのせてくれることになりました。

 

seiun-k.hatenablog.com

 

続きを読む

木枯らし一号

天気図を見ても、そんなに風が吹かなさそうな感じなのに、昨日から今日は北西風が強く吹くという予報でした。実際釣りをしてみて(釣行記は明日以降に書きますが‥)釣りにくいとかいうレベルではないほどの爆風でした。
そして先ほどニュースで予期せぬ木枯らし一号の発表がなされました。この爆風はそうだったのかと妙に納得しました。そろそろそれが吹いたということはメバルのシーズンですね!