海神様に誘われて

タイトルは海神様(わだつみさま)と読みます。豊かな自然がいっぱいの和歌山の海に誘われたセイウンの釣行記(釣考記)です。 釣りの話以外にも私が愛するベトナムのお話なども行います。

10月22日(火)釣行記 みなべ沖磯ミトオシ

前回の釣りでいい思いをさせてもらったみなべの沖磯。しかしながら本命魚の顔を全く見られませんでしたので、リベンジとして22日(火)にリベンジ釣行することにしました。ところが、台風20号が22日に最接近するではありませんか…。幸い、途中で温帯低気圧に変わりましたが、波は5メートルのち2メートルの予報で、しかも爆風。出船すら危惧されるなか、前日に鹿島丸渡船の船頭さんに電話すると、「波ないでー。」とのことでした。

いざ行ってみると、確かに危惧されたような波もありませんし、出船の段階では風も気にならない程度でした。

渡してもらった磯はミトオシ。鹿島本島にある磯で、波に強く、このくらいの風であれば問題なく釣りが出来る状況でした。

タナを3ヒロに設定し、キャストを始めると、最初は手の平くらいのチャリコが釣れます。そのあとウリボウなどもかかり始め、雰囲気はよさそうでした。しかし、ここであいつが…。そうツバスです。私は前もそうでしたが、ハリスを二号に設定しているため、40センチ前後のツバスですと釣れることもあれば、切られることもあるわけです。下針にかかって切れたのであれば、ダメージは少ないのですが、上針にかかったときには…仕掛けを結びなおす作業からし直さなくてはいけません。しかも前回の比でないくらいツバスが湧いています。20匹くらいかかってしまったでしょうか。釣りあげてはリリースを繰り返していると、ようやく違う(走り回らない)アタリが。抜き上げてみると、バリコでした><私は残念ながらバリコは苦手ですので、お帰り頂いて、また無限ツバス地獄が始まりました。弁当船で風も激しくなるから磯変わろうかと船頭さんから言われていたので、変わった先の磯を思い、ツバス地獄から解放されることを夢見ていました。するとまたツバスとは違ったアタリです。この突っ込み具合、走り具合から、本命魚と確信!落ち着いて巻き上げて抜き上げます。30センチ前後のシマアジ(本命魚)でした。春に35センチほどのシマアジを釣りあげていますが、久々のシマアジに思わず叫んでしまいました。群れが回ってきたのであれば、時合を逃すことはすまいと締めてすぐに投入します。何とかぽろぽろと30センチ弱のシマアジが拾え始めましたが、間にツバスが割り込んで、またしても仕掛けをやられます。何とか6匹合計で釣りあげられたところで、弁当船の時間となります。このペースで釣りができていたら20匹はいくだろうと高をくくり、移動先の磯に想いを馳せます。

ところが、場所を変わってからというもの、まったくアタリがありません。おまけに針がなくなります。「アイツの仕業だ」と思い、エサだけ撒いてみると、無限フグ状態…相当水潮なのか何なのか、えぐい状況です。これは一旦ブレイクということで、

f:id:seiun_k:20191023145130j:plain

鹿島丸さんのお弁当、本日はとんかつ弁当でした。

食べ終わったあと、シマアジが釣れることを願いながらキャストしますが、無限フグ地獄に私の心も折れ…終了。

 

<当日の釣果>

シマアジ 25~30センチ 6匹

ツバス 40センチ前後 20匹以上(1匹のみ持ち帰り)

 

カゴ釣り
竿:ダイワ メガディス 3-53遠投
リール:ダイワ プレイソ 3000
ライン:東レ 銀鱗スーパーストロング4号
ハリス:シーガー シーガーグランドマックスFX2号
針:がまかつ 伊勢尼6号

f:id:seiun_k:20191023145635j:plain

一番小さいのが25センチ、30センチは2匹ありました。型揃いでした。