海神様に誘われて

タイトルは海神様(わだつみさま)と読みます。豊かな自然がいっぱいの和歌山の海に誘われたセイウンの釣行記(釣考記)です。 釣りの話以外にも私が愛するベトナムのお話なども行います。

11月4日(月)釣行記 みなべ沖磯ハテのハナレ、コミドリ

みなさんこんにちは。11月になってしまいましたね。ぼちぼち気温も下がってきて、朝夕はとても寒い日が続いています。

さて、去る11月4日にシマアジ狙いでまたもやみなべの沖磯に行ってきました。

事前に船頭に狙いを伝えていたので、前々回いい目を見たハテの隣のハテのハナレへのせてくれることになりました。

 

seiun-k.hatenablog.com

 

このポイントが今回大誤算。タナをあげたら何も食わず、タナを下げたらサンノジばかりという結果に、ついに業を煮やして場所移動。船頭は一旦港に戻ってまた来てくれるそうなので、その間に美味しい弁当をたべます。

f:id:seiun_k:20191105150402j:plain

今回はハムカツが入っていて、これまた美味しかったです。

みなべ国民宿舎下の低い水没磯群の1つ、コミドリに移動します。

着いて30分くらいはアタリが連発しますが、手のひらくらいのチャリコ、チャリコ、チャリコ、チャリ…。

少しタナを上げて、素バリ、素バリ、素バリ…。

10秒くらい沈んで待って、ようやくチャリコではない魚信が…。

 

今回の本命の27センチのシマアジさんでした。丁重に締めて、ボウズ逃れ。

また、素バリが続き、3回続いたところで今日一番のアタリ…。

引きもよく突っ込むので、期待はしましたが、みなべ名物の金色の線のあるヘダイでした。

ヘダイは実は食べたことがなかったので、血抜き、神経締めをきっちり行って、持ち帰ります。

ヘダイは因みに27センチでした。その後は15時まで粘りましたが、フグしか釣れない最悪のコンディションになりました。何より風が強くて、ハリスのトラブルが絶えなかったです。後からニュースで見ましたが、木枯らし1号だったそうで、、、こんなに強いと流石に厳しかったです。宿舎下は朝一よかったらしく、かるーく2桁グレが釣れたそうです。(お客さんの磯クール持ちましたが、重い重い><羨ましい!)しかし、シマアジは1匹しか釣れなかったようで、厳しい結果となりました。何とかボウズでなくてよかったです。

コミドリ、納竿直前は風が爆風になり、えぐい状況でした。

f:id:seiun_k:20191105150517j:plain

時折激しい波が来て、足が払われそうになります。

f:id:seiun_k:20191105150614j:plain

白波があちこちに立っています。

<当日の釣果>
シマアジ 27センチ 1匹
へダイ  36センチ 1匹

カゴ釣り
竿:ダイワ メガディス 3-53遠投
リール:ダイワ プレイソ 3000
ライン:東レ 銀鱗スーパーストロング4号
ハリス:シーガー シーガーグランドマックスFX2号
針:がまかつ 伊勢尼6号

f:id:seiun_k:20191105150826j:plain

釣果写真です。ヘダイは甘くておいしかったです。シマアジはもちろん言わずもがなですけどね!