海神様に誘われて

タイトルは海神様(わだつみさま)と読みます。豊かな自然がいっぱいの和歌山の海に誘われたセイウンの釣行記(釣考記)です。 釣りの話以外にも私が愛するベトナムのお話なども行います。

ベトナム飯 その③ Bún Chả Cá(ブンチャーカー)

ベトナム飯の第3回目は中部の名物料理ブンチャーカーです。

第2回において私が最も好きな麺はブンマムネムダナンだと申し上げましたが、私の友人はブンマムよりもこちらのブンチャーカーにすっかりはまってしまい、今ではブンチャーカーが中部料理では一番好きだと言っています。

なお、ブンマムに関しては下記をご覧ください。

seiun-k.hatenablog.com

ブンチャーカーはブンマムと同じ、ブンという麺を使った料理になります。チャーは揚げるという意味、カーは魚という意味があります。つまり魚のすり身を揚げたものが入っている(さつま揚げのようなものをイメージしていただくとよいと思います。)といった料理になります。

私はダナン滞在中にいつも、ホテルの朝食をとらずにブンマムやブンチャーカーを食べます。ホテルのご飯も美味しいのですが、私が行くお店の味には到底かないません。ブンマムやブンチャーカーは朝ごはんとしては日本を含めても随一のレベルにあると言っても過言ではありません。

ブンチャーカーはブンマムと比べると圧倒的に有名です。もちろんガイドブックなどにも載っているでしょう。それを差し引きしても美味しいのがブンチャーカーなのです。

とりわけ私はBún Chả Cá Ông Tạ(ブンチャーカーオンタ)という店に何回も通います。(以下はベトナム語ですがお店を紹介しているページになります。)

dacsandathanh.com

ブンチャーカーオンタのウリは何といっても、化学調味料を極力使わずに、野菜はオール無農薬ということです。最初別添の野菜は有料だと思っていましたが、注文すると必ず付いてくると知り、そこからは入れまくって食べてます。ただ私はパクチーが苦手ですので、パクチーだけ全残ししますが(笑)

f:id:seiun_k:20191205153643j:plain

ブンチャーカーになります。値段は忘れましたが言わずもがな激安です。

味はいろんなものを煮込んだだしがきいており、日本でいう「にゅう麺」に近いくらい薄味で、それでいてコクがある感じです。正直おかわりしてもいいくらいあっさりですし、いっぱい食べてもヘルシーといった感じです。生野菜はローカル食堂なので気になるかもしれませんが、基本的にベトナムのローカル食堂はミネラルウォーターをガロン買いしていて(またこのミネラルウォーターが安い安い)それで洗ってくれているので、下痢などの心配はいりません。私は4度のベトナムで一回もあたったことはないので、安心してください!

皆さんもダナンを訪れたときは、ミークワンもいいですが、ブンチャーカーを是非とも食べてみてくださいね!!

 

ブンチャーカーオンタの店舗写真は撮ったはずなのですが、なぜかないです…。見つかり次第アップしますので、たまに覗いてやってくださいね!