海神様に誘われて

タイトルは海神様(わだつみさま)と読みます。豊かな自然がいっぱいの和歌山の海に誘われたセイウンの釣行記(釣考記)です。 釣りの話以外にも私が愛するベトナムのお話なども行います。

12月22日(日)釣行記 串本大島沖アンカーカセ

皆さんこんにちは!昨日は串本の大島沖にカセ釣りに行ってきました。

昨日初めて動画なるものにチャレンジしてみましたが、一体何が釣れたのでしょう!?

seiun-k.hatenablog.com

狙いはブリやサワラ、でぶっちょハマチにマダイです。前の2種類はイワシをエサにした完全フカセ、後の2種類はオキアミをエサにした天秤ズボです。

サワラが暗い時間にしか釣れないらしいので、出船時間が4時半となっています。早速大島沖にかけてもらいますが、暗いうちは残念ながらアタリはありませんでした。どうやら大量のイワシが湧いているらしく、死んだイワシにあまり反応していないとのことです。それでも今度はブリを狙って36メーターラインから70メーターラインまで流し続けては巻きを繰り返しますが、一向にアタリは出ません。そうこうしているうちにブリのデッドラインの8時が過ぎ去ります。

友人もアタリがありません。友人と二人〇ボが頭をよぎります。もともと昼までしか釣りはしない予定でしたので、このままではあと4時間で釣りが終わってしまいます。

天秤ズボもタナを変えてもアタリが出ず、不毛の時間が過ぎていきます。9時くらいに私は40メートル、友人はべた底にしてやっていると、急に私の竿が海中に刺さります。しかし、よく引くものの大したことはありません。45センチほどのハマチでした。45センチのものは残念ながらでぶっちょというには物足りないものでしたが、とりあえずキープします。これで〇ボは回避です。友人にタナを教えて、二人とも40メートルでやります。するとそこから私が3連発!中には50センチを超えるでぶっちょハマチも混ざり、イイ感じになっていきます。ところが友人は未だに釣れていません。そうこうしているうちに見回り船がきました。12時にあがることを伝え、天秤ズボ後半戦スタートです。後半戦が始まってしばらくはアタリがなかったですが、タナを今度は38メートルにしていると友人がようやく1匹ゲットします。10時半からだったでしょうか…ここから私のヒットラッシュが始まり、1投1匹が続きます。7匹連続釣ったところで、時間が近づいてきたので納竿しました。タナさえわかればハマチはかなりの数が釣れます。中には4号ハリスをぶち切るほど元気のいいハマチもいたので、ドラグを調整してやりとりすると、55センチの良型ハマチも何匹か登場しました。釣り味はメジロに劣りますが、食味は船頭曰く、ブリ>でぶっちょハマチ>メジロらしいので、このたくさんのハマチを美味しく頂きたいと思います。ちなみに〇ボ覚悟をしていた友人も最終的には6匹釣ることができましたよ☆ただ、正直、ブリ釣りたかったです。かなり消化不良なので、また近々いくかもしれません!悔しいです><

 

<当日の釣果>
ハマチ 45~55センチ 11匹

 

完全フカセ釣り
竿:シマノ バンディットキハダ 190
リール:ダイワ シーライン石鯛 50
ライン:シーガー フロロカーボン8号通し
針:がまかつ タマンスペシャル20号

天秤ズボ釣り
竿:問屋物 船竿50号負荷
リール:ダイワ タナセンサー400
ライン:よつあみ PE3号
天秤:ヤマシタ K型天秤
クッション:ヤマシタ 2.5ミリ50センチ
ハリス:シーガーグランドマックスFX4号 6メートル3本針
針:がまかつ 伊勢尼10号

f:id:seiun_k:20191223132258j:plain

当日の釣果です。サイズにはばらつきはありましたが、体高のあるでぶっちょハマチも多く釣れました。