海神様に誘われて

タイトルは海神様(わだつみさま)と読みます。豊かな自然がいっぱいの和歌山の海に誘われたセイウンの釣行記(釣考記)です。 釣りの話以外にも私が愛するベトナムのお話なども行います。

12月29日(日)釣行記 みなべ沖磯 トオデ、ハテ

こんにちは、今日は昨日行ってきましたみなべの沖磯での釣行の模様を配信いたします。

和歌山での(ん?)今年ラスト釣行は、みなべの沖磯でした。船頭にトオデにしよか~、と。この日は隣の渡船屋さんも含めて、ものすごい数の人で、年末釣行のすごさを見せつけられます。

トオデには船頭の家の裏に住んでいる人と乗りました。その方も私同様カゴがメインで、今回はフカセだったそうです。トオデにはカゴ釣りでは乗ったことがありますが、シマアジがよく釣れ、メイチなんかも釣れたイメージがあります。しかし、いずれも水温が高いときの魚ですから18℃では、それらは釣れないでしょう。

エサを撒きながら始めると、いきなり竿をひったくっていきます。30センチほどのアカメフグでした。リリースするか迷いましたが、確か年末年始は「もとや」さんは持ち込みができなかったはずですので、リリースします。そこから怒涛のアカメフグラッシュです…。

f:id:seiun_k:20191230201025j:plain

高級なんです、でも仕方ない。。。

中には35センチほどのランカー級も混じり、ハリスをずたずたにしてくれます。そのうちクサフグの子供も湧き始め、島一帯がフグアイランドと化します。一緒に乗った人もお手上げと言っていました。そんななかフグの下にフグとは違う魚影が見え隠れします。サンコやグレ?でしょうか。フグのタナさえクリアできればワンチャンあるのではないかと考え、ウキを沈めて釣ってみることにします。

すると一発回答!

フグのタナを抜け、ウキがしゅっと入ります。先手を取るためにフッキング!何度か突っ込みますが、突っ込みをかわして上がってきたのはまあまあのサイズのチヌ。

同じような場所をトレースし、30センチくらいのアイゴ(リリース)。アイゴはリリースした後に同じ磯に乗った人が欲しかったのにと言ってくださったので、次釣れたらキープしますねと言ったものの、得体の知れないアタリ2発にぶち切られたあと、フグの猛威は勢いを増し、弁当船で磯替わり!

次はハテに渡礁。ハテにもともといらっしゃったカゴの方にご挨拶をし、やっていきますが、潮が動かない><

とりあえずエネルギーチャージ!

f:id:seiun_k:20191230200952j:plain

弁当です。毎度美味しい!

遠くで湧きグレが見えますが、届きません。 近くでやっていると二度竿をひったくりますが、ボラとサンコでした。

そうこうしているうちに時間は過ぎ、私の今年の和歌山最終釣行は幕を下ろしたのでした。

明日からいよいよ沖ノ島に向けて出発します。どんなドラマが待ち受けているのか、楽しみでなりません。明日以降更新がどうなるか分かりませんので、ご了承ください!

 

<当日の釣果>
チヌ  46センチ 1匹

アイゴ 30センチ 1匹(リリース)

 

フカセ釣り
竿:ダイワ DXRエアチューン 1.35-53
リール:ダイワ インパルトα 2500LBD ピンクカスタム
ライン:ダイワ エメラルダスセンサー 0.8号
ハリス:シーガー シーガーグランドマックスFX 1.5号
針:ハヤブサ 極軽グレ5号

f:id:seiun_k:20191230205956j:plain

グレだったら嬉しかったんだけどな…まあ良型なので文句は言うまい…。